本文へスキップ

自由が丘・奥沢の米国公認カイロプラクターDr.さだくにまさしのクリニックです

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-6423-2123

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-24-17
 カーザ自由が丘104

自由が丘のDr.さだくにまさしカイロプラクティッククリニックです

ようこそ、米国公認カイロプラクター(DC)Dr.さだくにまさしのホームページへ。

懐かしい日本の情緒を保ちながら異国の風を感じる街・自由が丘。その不思議な空間にある“痛みの治療から癒しの施術まで網羅する”ロス生まれのユニークな本格派カイロプラクティッククリニック。
カイロプラクティックの本場、米国・ロサンゼルスで10年を越える豊富な経験・実績を持ち、米国医学知識をも備えたドクター(博士号及び元米国ライセンス保持者)による安全・安心面をも考慮した、丁寧且つレベルの高い治療。「子供から妊婦・お年寄りまで」の看板を掲げ、年齢・性別・人種を問わずプロまでもが通ってきた本物志向のクリニックは、プライバシー重視の完全予約制。

心地よい音楽が流れるゆったりとした空間の中、体のバランスを整えながら一人ひとりに合ったレベルでの無理のない治療・確かな技術を実感してください。

informationお知らせ

  • お願い

    リンク切れや見難い点などありましたら右の空飛ぶメールマークをクリックしてご一報ください。
  • 8月(葉月:はづき:Hazuki)ですね。

    8月です。外の気温も30度越えが当たり前の夏日が続くようになってきました。梅雨も明け少しは湿度が低くなったようですが、その分気温が上がってますので過し易いとは言い難い日々ですね。この暑い時期の体調不良は、暑さによるものと寒さによるものとがあります。
  • 暑さによる体調不良  一番怖いのは、暑さによる熱中症です。屋内屋外にかかわらず、温度が高い場所に水分補給をしっかりできていないまま長時間滞在した時に陥り易いのが熱中症です。身体がだるく、めまいや立ち眩み、筋肉の硬直などを感じたら、すぐに涼しい場所に移動し身体を冷やし、水分補給をしてください。頭痛や吐き気、身体の力が入らなかったり、手足の痙攣や意識障害、体温が異常に高くなっているようであれば、すぐに救急車を呼んで病院で適切な治療を受けられるようにしてあげてください。暑さによる食欲不振や睡眠不足も身体を弱らせる原因になります。食事が進むように料理方法や食材を工夫したり、タイマーを使って就寝中の部屋の温度調節に工夫をしてみてください。
  • 寒さによる体調不良  暑い夏に寒さによる体調不良とは?と思われるかもしれませんが、これは、職場や移動機関、自宅でのクーラーの利かせ過ぎによるものです。暑い外気の中から屋内や社内に入った時に「あ~涼しい!」と感じる温度というのは、実は長居すると身体にあまりよくない温度なのです。涼しい空間に入った瞬間良いのですが、長時間そこにいると身体が冷えすぎてしまい、血行が悪くなったり代謝が落ちたりと、結構大きなストレスがかかります。その結果、極度の肩こりや体のだるさを引き起こすことがあります。長時間滞在するような場所では「涼しい」ではなく「暑くない」という感覚をもとに温度設定をしてください。 
  • 解決策  ひとつの解決策としてカイロプラクターとして提案できる事は、身体を暑さに慣らすというものがあります。運動ができる人は、早朝や夕暮れの少し気温が下がったころにウォーキングやジョギングをして、少し体温を上げ汗をかくこと。運動ができない人は入浴やサウナなどを利用し、体温を少し上げ汗をかくこと。ここで大切なのは、意識的に汗をかく環境に身を置くことで身体の体温調節機能を自己調整させるということなのです。ただし、給水をしっかりとすること、身体の温度調節に気を配り、暑い環境に長時間身を晒さない事が前提です。
  • 以下は7月に掲載させていただいたものですが、8月にも有益な情報を含んでいるので、今月も掲載させていただきます。
  • 飲み物  外出時の水分補給と言えば、コンビニや飲食店で購入する飲み物ですが、手軽に入手できる飲み物で注意していただきたいのがアルコールとカフェインです。アルコールもカフェインも利尿作用がありますので、摂取すると水分の排出を促進してしまいます。アルコールは含有量(%)に関係なく、暑い日の外出時の摂取はお勧めしません。カフェインにつきましては、コーヒーに気を付けてください。紅茶や緑茶と比べると、コップ一杯当たりのコーヒーは4倍近いカフェインを含んでいますので、控えることをお勧めします。脱水状態かなと思ったらできるだけ糖分やカフェインの少ない飲み物を選ぶようにしましょう。
  • 食べ物  食べ物からも、水分補給をすることが出来ます。大体ですが、1日3食のバランスの良い食事で、約1リットルの水分摂取ができます。特にスイカのような夏の果物やキュウリ、なす、トマト、レタスなど、水分含有量の多い夏野菜がたくさんありますので、おやつや食事も夏用に工夫して水分をたくさん摂取できるようにアレンジしてみてください。
  • カイロプラクティック  水分不足になった場合、筋肉も硬直しがちです。十分な水分補給をし、ゆっくり休んだにもかかわらず、頭痛や肩こり、筋肉の硬直が解けない時は、一度信頼できるカイロプラクターにご相談することをお勧めします。カイロプラクターならではのアプローチで原因の究明・症状の改善に向けて頑張らせていただきます。
  • まめ知識 あまり知られていないことだと思いますが、顔や頭にも筋肉は有り、それらの筋肉もほかの筋肉同様に夏の影響を受け硬くなっている可能性が高いです。 頭や顔の筋肉が凝ると頭痛がしたり、口が開けにくくなったり、顔がむくんだりすることもありますので、そのような症状が気になる方は当クリニックの 頭・顔・首のコース(60分)を一度試してみるのも手だと思います。
  • 8月の予定。

    8月は11日から16日までお盆休みをいただき、当クリニックもお休みとさせていただきます。それ以外は月曜日から土曜日まで平常通り施術させて頂く予定です。また、土日祝の時間外施術も早めにご相談していただければ可能な限り対応させて頂きますので、皆様からのご予約&ご連絡、ご相談、心よりお待ちいたしております。よろしくお願い致します。

Dr. Masashi Sadakuni Chiropractic ClinicDr.さだくにまさし

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-24-17 
カーザ自由が丘104
TEL 03-6423-2123

スマートフォン版